アンボーテ 最安値

更年期とデリケートゾーンの臭いの関係

デリケートゾーンは雑菌が繁殖しやすく、臭いが気になる部位ですが、更年期や閉経前後は女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減少することによって、臭いが変化することがあります。

 

女性ホルモンのバランスが取れている場合、女性の膣の中には、デーデルライン桿菌がいます。
デーデルライン桿菌は乳酸菌の仲間で膣の中を酸性に保って外から侵入しようとする雑菌をブロックしたり殺菌して守ってくれています。
しかし、更年期になると女性ホルモンの分泌バランスが乱れることによって、デーデルライン桿菌も減少してしまいます。
これによって、膣の中の環境を保つことができなくなり、他の雑菌が繁殖しやすくなって、臭いを感じるようになるのです。

 

また、雑菌が増えたことによってオリモノが増加したり、膣炎を引き起こしやすくなるため、さらに雑菌が繁殖しやすい環境を作りだし、悪循環が起こります。
そのため、オリモノの形状や臭い、皮膚の違和感など、こまめなセルフチェックを行うことが必要です。

 

トラブルをかかえたデリケートゾーンとは

かゆみやにおいなど、デリケートゾーンのトラブルは意外と起こりやすいものですが、デリケートな内容であることから、誰にも相談することができないという方も多いようです。
毎日の入浴の時に洗っていても、デリケートゾーンは尿や生理の経血、おりものなどによってとても汚れやすい環境にあります。

 

デリケートゾーンは複雑な形をしていることから洗いにくく、知らない間に汚れが溜まりやすい場所です。
体温で一定の温度に保たれることから湿度が高く、通気性が悪いなど、雑菌が繁殖しやすい環境がそろっています。

 

さらにアポクリン腺という感染が多くあるために、独特のにおいが発生します。
これらによって、かゆみや痛みを伴う皮膚トラブルが発生しやすかったり、においが籠りやすくなってしまうのです。

 

また、皮膚がとても薄い場所であるにも関わらず、下着やナプキンなどによる摩擦、脱毛などによって刺激を受けやすいため、黒ずみができやすい場所でもあります。

 

このように、デリケートゾーンはトラブルが発生しやすいため、適切なケアが必要な場所であると言えるでしょう。