アンボーテ 最安値

性病とデリケートゾーンの臭いの関係

デリケートゾーンの臭いには、性病が関係していることがあります。
いつもは臭いを感じたことがないのに、急に強い臭いを感じるようになったという場合には、性病に感染した可能性が高いので、症状と自分のデリケートゾーンを比較し、できるだけ早く治療を開始することをお勧めします。

 

トリコモナス膣炎の場合は、生臭い臭いがして、水っぽさを感じたり、黄色い膿のようなオリモノが増えます。
性行為だけでなく、まれに浴槽や便座から感染することもあるので気が付かないうちに感染していることもあります。

 

クラミジアの場合、ツンとしたようなきつい臭いがして、症状が進行するとオリモノが緑色になることがあります。

 

また、性病とは異なりますがカンジダ膣炎の場合には、魚が腐ったような生臭さを感じます。
オリモノの形状が変わったり、痒みや痛みを感じることが特徴です。

 

その他の性病に関しても自覚症状がないことで感染していることに気づいていないこともあるため、臭いは重要なバロメーターとなるのです。

 

オリモノが不快なにおいを放つ理由

オリモノは膣の中に細菌が侵入することや繁殖することを防いだり、受精のサポートをするための役割を担っている分泌液です。
生理周期によって色や形状が変化しますが、本来は無臭またはすっぱい臭いがするのが正常な状態です。

 

しかし、不快なにおいを感じた場合には、膣の中の自浄作用が弱まっている可能性があります。
たとえば疲労やストレスが溜まってくると、からだの抵抗力が弱まり、本来の作用がはたらいていないことがあります。
また、抗生物質を服用している場合にも同様のことが起こることがあります。

 

さらには、においが気になるあまり、デリケートゾーンを過剰に洗っていると、必要な常在菌まで洗い流したり、乾燥を招いたことによって、においが増すことがあります。

 

基本的なところでは、通気性が悪く、締め付けが強い下着を着用していたり、オリモノシートやナプキンの長時間使用も雑菌が繁殖しやすい状態になります。
尚、においに加え、オリモノの形状や皮膚の状態に変化がある場合には性病感染の疑いもあるので、注意しましょう。